寿退社と転職の挨拶とお祝い

団塊世代の定年退職と同時に団塊Jrの世代が寿退社や転職をする時期を迎えています。あと20年は働き盛り。価値ある転職をどう実現するか、転職後の生活の準備や再就職、再雇用情報など集めてみました。

   スポンサードリンク

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit
スポンサードリンク
  • [No Tag]

文筆歌手・川上未映子vs「メッタ斬り!」豊崎由美

勝気な感じの女性だな。

『わたくし率 イン 歯ー、または世界』(講談社、初出「早稲田文学」)で芥川賞候補になった文筆歌手、川上未映子の露出が目立つ。文芸誌でも「燃える顔、そして失われたお尻」(「新潮」9月号)、「麺、ぶったぎって樋口一葉」(「群像」同)を発表、弾けたタイトルと関西弁まじりのほとばしる文体が爽快(そうかい)だ。その川上が『文学賞メッタ斬り!』で人気のライター、豊崎由美と東京・神田の「三省堂書店 自遊時間」で対談した。川上は公式HPでの予告通り、裾に白をあしらった「歯のような服」で現れた。

 「『わたくし率-』を2回読んだ。1回目は笑えたところが、2回目は泣けた」と豊崎が語るこの作品は、自分の「私性」が「奥歯」にあると思いこんでいる女性の妄想モノローグ的な作品。

 豊崎は、作品中の手紙やメモに句読点ではなく・(なかぐろ)を使った意図を質問。川上は「キーボードで・が打ちやすい位置にある」とさらり。ロボット型の遊具に入っていて、出たとき、「私は私の“身体”のなかに入っている」と意識したと幼少時代の体験を明かし、埴谷雄高(はにやゆたか)の『死霊』の影響などを語った。
 「言葉」の機能を「ドーナツ(言葉)があるから穴が見え、言葉(ドーナツ)がなければ穴はない」とたとえた川上。次回作のテーマは「豊胸手術」というhttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/84775/

スポンサードリンク
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Menu

スポンサードリンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。