寿退社と転職の挨拶とお祝い

団塊世代の定年退職と同時に団塊Jrの世代が寿退社や転職をする時期を迎えています。あと20年は働き盛り。価値ある転職をどう実現するか、転職後の生活の準備や再就職、再雇用情報など集めてみました。

   スポンサードリンク

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit
スポンサードリンク
  • [No Tag]

【団塊Jr.ニュース・気になる度:★】やっぱり食べたい…膨らむ“大盛り”市場

<<<団塊Jr.気になるニュース度:★>>>

【参照記事■iza!】
やっぱり食べたい…膨らむ“大盛り”市場

国が医療費の圧縮にやっきとなり、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策でダイエットや健康的な食生活がクローズアップされる中、メーカーやコンビニ各社が大盛りサイズの商品を相次いで投入している。時代に逆行するようにも見えるが、潜在的な需要や二極化する消費者の嗜好があるようで、「やっぱりたくさん食べたい!」という消費者層をがっちりとつかんでいる。

 ■20~40代男性中心
 「ドカ盛りフェア」と題し、600グラム超のミートソーススパゲティ(560円)や特大サンドイッチなど6品を販売したのはコンビニエンスストアのエーエム・ピーエム・ジャパン。
 牛肉パテを4枚挟んだ特大ハンバーガー「メガマック」の予想外のヒットが、日本マクドナルドホールディングスの黒字転換の一因となったことに刺激を受けたようだ。
 「メガマックのヒットでもわかるが、たくさん食べたいという需要は根強い。20~40代男性が中心で、健康志向の人と二極化しているが市場はある」と話す。他社に先駆けて発売した、重量2・5倍のチーズケーキの売れ行きも好調。フェア終了後もスパゲティなどの販売は続けており、潜在需要の開拓を続ける。
 コンビニで定番となったおでんも大型化している。ローソンは9月から通常の1・6倍の牛すじなどを販売するなど“大盛り”市場を狙う。
 背景には「中心顧客の30、40代男性に支持される商品でないと売り上げが伸びない」(大手コンビニ)という事情もある。新業態店開発による若い女性層の取り込みなどは注目を集めているが、収益の柱としては頼りない。その一つの答えが“大盛り”だ。
 ■茶碗3杯分弁当箱
 この流れはコンビニ界にとどまらない。象印マホービンは7月21日、業界トップクラスという大容量の保温弁当箱を発売する。ごはん茶碗(ちゃわん)3杯とおかず容器3個が入る大きさだ。
 健康は気になるがたくさん食べたいという需要は健康イメージの強い食品にも広がっている。
 森永乳業は21日から、個売りヨーグルトとしては異例の240グラムの「おおきいうれしいヨーグルト」(126円)を発売する。インターネット調査で、消費者が購入時に重視するポイントとして「容量・ボリューム」が効能やカロリーを抑え、3位だったため。同社は「健康イメージの強い商品でも、たくさん食べたいというニーズがあることがわかった」と低脂肪にして、女性の購入も期待するが、シェアアップにつながるかどうか。
【記事URL】
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/product/77969/
スポンサードリンク
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Menu

スポンサードリンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。